top of page
  • 執筆者の写真Toshihiro Yamanaka

ボクシングと初動負荷トレ-ニングで、身体に変化が

ホグシングはサンドバックやミットを拳で打つのですが

実は打っているサンドバックなどから反作用を受けています。


パンチを打てば、反力が身体に返ってきます。

手首 肘 肩 鎖骨 など 関節に負担がかかってきます。


初動負荷トレ-ニングをはじめてから、この関節への負担が感じなく

なってきました。


ボクシングでコリはハリのある身体が、初動負荷トレ-ニングでホグレて

さらに以前より柔らかくなった感じがしました。


下の画像はボクシングの井岡選手がリアラインバランスシュ-ズを使って

主に膝関節のアライメント調整を行っている様子です。



体幹の筋肉と末梢の筋肉(インナ-マッスルとアウタ-マッスル)


「鍛える前に整える」


JR高槻駅前にオープン ! ! ! アクセス良好 !

 駅前の広々スタジオで 新・運動習慣


ボクシング&フィットネス B-BOXER

公式ホ-ムペ-ジ


詳細のご案内


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私の、私による、私の為の トレ-ニング方法探し

私は福岡に配属され最初は剣道を続けようと考えていました。 しかし稽古が出来る環境がととのいませんでした。 剣道の防具と一緒にロードスポ-ツの自転車も持って行ってました。 週末はその自転車で福岡の海沿いを走りました。 最初は60Kmくらいから、最後は150Kmまで走れるようになりました。 入社2年目の夏に当時人気が出始めていたトライアスロン51.5Kmのレ-スに 出場することになりました。 春から秋

댓글


bottom of page