top of page
  • 執筆者の写真Toshihiro Yamanaka

インナーマッスルとアウターマッスル

インナーマッスルとアウターマッスルと

どちらを鍛えれば良いですか?との質問がありました。  


私の答えは

インナーマッスルです。


何故かと言うと

トレーニングで狙いたい部分は

大きな関節です。 肩甲骨周りと股関節、骨盤周辺です。


この2つの大きな関節周辺に関係している筋肉がインナーマッスルだからです。


肩甲骨と股関節を連動させながら体重移動を

使った動きが出来ると、疲れないでいて、パワーとスピードが同時に使えるようになります。


B-BOXERには、この股関節と肩甲骨のそれぞれにアプローチ出来るストレッチマシンをそれぞれ設置しています。


 「鍛える前に整える」

B-BOXERでお待ちしております。



閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月6日でオープン1周年をむかえました

2023年4月6日に私のホームタウン大阪府高槻市芥川町にボクシング&フィットネス のスタジオをオープンしてから1周年を迎えました。                                                       この1年間、お客様や協力していただいた業者、そして友人に心から感謝申し上げます。皆さまの支えとご協力があってこそ、スタ

小さなチカラで 大きなチカラを 出す方法

B-BOXERでは、小さなチカラで 大きなチカラを 出す方法をお伝えしたいと考えています。 その方法は、自分の体重を使うことです。 姿勢を正しく保ち、身体の重心を移動させることで大きなチカラが出ます。 ボクシングの選手はカウンターパンチの一発で相手をKOすることがあります。 総合格闘技などの選手は近い距離でパンチを打合い、顔を腫らし出血している事が多くみられます。 これはボクサーの身体の使い方の違

肩甲骨と股関節は連動する

ヒト=ホモ・サピエンスは二足歩行します。 他の哺乳類は霊長類でも四足歩行です。 ヒトにとっての手は、前脚でもあるわけです。 ヒトも霊長類であれば 四足歩行の機能が残ってます。 手と足 肩甲骨と股関節は連動して動きます。 腕と肩の動きにくさは肩こり、これを改善するのに股関節は関係します。 B-BOXERでは、股関節と肩甲骨をそれぞれストレッチするマシンを完備しています。

Comments


bottom of page